西華産業株式会社 > 事業案内 > 自動車関連設備 > 塗装設備 > 各種剥離装置 > 塗膜・樹脂剥離装置”フルイドクリーン”

自動車関連設備
塗膜・樹脂剥離装置”フルイドクリーン”

Keppel Seghers(ケッペル セガース)社製の流動砂床式塗膜・樹脂剥離装置フルイドクリーンは、塗料や接着剤、様々な樹脂、ゴムなどが付着した金属部品から付着物を剥離するための塗膜・樹脂剥離装置です。
約450℃に温度制御された硅砂が対象物に付着した塗料や樹脂をガス化し、流動による摩擦との相乗効果により、すばやく付着物を剥離します。

用途

各種ハンガー/ホルダー

画像クリックで拡大

  • 塗装用ハンガー、治具、マスキング器具の塗膜剥離
  • 塗装ブースのグレーチング塗膜剥離
  • などが固着した金属機器の剥離除去
  • 各種金属機器の固着した樹脂、ゴムなどの剥離
  • 樹脂、ゴム部分の劣化除去

特徴

塗装用グリッド(格子)

画像クリックで拡大

  • 処理(クリーニング)時間が短い
  • 摩擦効果により残留付着物が残らず、二次処理、三次処理はほとんど不要
  • 母材を損傷しない
  • 処理残渣、二次廃棄物を出さない
  • 運転は全自動
  • 環境に優しく公害を出さない処理方式
  • 付着物の持つ燃料も利用する自己分解燃焼完結型の為、運転費コストが極めて安い
  • 装置の耐用年数は長く、又保守管理が簡単

剥離原理と構造

画像クリックで拡大

  1. 槽内は圧縮空気と燃料ガスにて流動化(液体が沸騰するような現象)した硅砂で満たされています。
  2. 砂の表面に近くに設置したパイロットバーナーにより、燃料ガス及び剥離ガス化した付着物に点火します。
  3. 流動化により全体が昇温。
  4. 剥離対象物入りのバスケットは流動化した硅砂槽内に沈めます。
  5. 剥離対象物に付着した塗料や樹脂は加熱ガス化と同時に、流動化した硅砂で摩擦剥離。
  6. 剥離により発生する排気ガスは槽の表面と蓋の間の空間で燃焼され、無害化されます。
  7. 付着物の持つ燃料も利用する自己分解燃焼完結型の為、運転費コストが極めて安い
  8. 装置の耐用年数は長く、又保守管理が簡単
商品イメージ

( 旧製品名: DINAMEC/ダイナメック )

事業案内

製品・展示会情報