西華産業株式会社 > 事業案内 > 測定機器 > 食品・薬品用計測機器及びラボ用機器 > 小型高温高圧調理殺菌装置

測定機器
小型高温高圧調理殺菌装置

概要

  • 小型圧力容器の適用なので、設置検査や年次検査、管理者設置の必要がありません。コンパクトな設計なので、省スペースでの設置が可能です。
  • 蒸気殺菌方式を採用している為、余分な配管やタンクの必要ないシンプルな構造です。
  • 多種多様な容器に対応可能被殺菌物の形状により、トレイの高さが調整可能です。

特徴

多様な容器に対応


最大使用圧力

0.35Mpa(設計圧0.4Mpa)、最大使用温度は140℃(設計温度は152℃)、槽内温度が均一(±1.0℃以内)


急速な加熱、冷却が可能

冷却は水スプレー冷却方式を採用。殺菌後速やかに冷却し、品質劣化を防止します。


現場感覚で研究開発

生産機で使う運転プログラムを組み込むことで、現場生産に近い商品開発・製品試作が可能です。


温度プログラム制御

水を加熱せず空気混合蒸気で被殺菌物を直接加熱するので、すばやく槽内の温度を変動させることが出来、多段加熱に最も適した装置です。段階的加熱や多段調理殺菌、殺菌前の品温調整などに最適な機能を有します。


圧力制御

被殺菌物の形状や特性に応じた圧力設定が可能です。 容器の破損等の心配もありません。 定圧方式(工程ごとに一定の圧力を任意設定) 温度比例方式(工程ごとに設定温度あるいは実測温度の飽和蒸気圧にプラスα値を加えた圧力制御) オプションで等圧方式、圧力補正機能も行えます。


F値記録計標準装備

槽内温度、品温、F値、圧力などの測定値がリアルタイムで表示されます。測定記録データはコンパクトフラッシュに記録され、運転後パソコンで解析可能です。F値終了機能で、希望F値到達で運転が自動終了します。

優れた操作性

液晶タッチパネルを採用し、運転条件の設定入力、操作が簡単になりました。


パターン設定 パターン登録数は100種類まで可能です。
プログラム設定 最大24セグメントの運転方法、温度、圧力処理時間のプログラム運転条件が設定可能です。
運転スタート パターン選択画面から希望のパターンを選択し、スタートキーを押すだけです。
異常発生表示 装置の異常内容と状態確認を表示できます。

事業案内

製品・展示会情報
用途別製品情報