西華産業株式会社 > 事業案内 > 発電・エネルギー設備 > 再生可能エネルギー発電設備 > バイオマス発電

発電・エネルギー設備
バイオマス発電

概要

バイオマスとは、動植物などから生まれた生物資源の総称です。バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。
技術開発が進んだ現在では、様々な生物資源が有効活用されています。
バイオエネルギーは大別すると、下水汚泥・食品廃棄物・畜産廃棄物・農業廃棄物等を原料に嫌気性発酵によってメタンガス化し、ガスエンジンや燃料電池で熱・電供給する方法と、木質廃材・廃棄物・林地残材等の固体をボイラーにて燃焼し蒸気を生産し、蒸気タービンによって電力を得る方法、そして液体のバイオ燃料をディーゼルコージェネに利用する方法があります。

特徴

地球温暖化対策

光合成により二酸化炭素(CO2)を吸収して成長するバイオマス資源を燃料とした発電は「京都議定書」における取扱上、二酸化炭素(CO2)を排出しないものとされています。

循環型社会を構築

未活用の廃棄物を燃料とするバイオマス発電は、廃棄物の再利用や減少につながり、つながり、循環型社会構築に大きく寄与します。

バイオマス原料の収集から発電エネルギー供給までの流れ

事業案内

製品・展示会情報