西華産業株式会社 > 事業案内 > 発電・エネルギー設備 > 火力発電設備 > コージェネレーション発電

発電・エネルギー設備
コージェネレーション発電

概要

コージェネレーションとは天然ガスなどの一つのエネルギー源から、電気や温水、蒸気などの複数のエネルギーを取り出すことで、廃棄するエネルギーを極力少なくするシステムです。エネルギー効率が高くなるため、結果的にCO2に代表される温室効果ガスの排出抑制につながると同時に、エネルギー費用の削減といった経済的メリットも得ることができます。

種類

内燃機関には、ガスタービン、ガスエンジン、ディーゼルがあります。産業用等の多量に熱を消費するサイトにはガスタービンを、また起動停止を毎日行いかつ電力需要が高い場合はガスエンジンやディーゼルを用います。他に、燃料電池等があります。
下記にコージェネシステム(ディーゼルエンジン)の一例を示します。


コージェネのメリット

発電と排熱利用を同時に行うことにより、大きな省エネルギーを図ることが出来ます。発電設備を最も大きな電力を必要とする時間帯に利用すれば、電力ピークカットを図ることができ、電力の平準化を推進することが可能です。また、単純に放出するだけとなるはずの熱エネルギーを回収することにより、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などを低減することにも寄与します。

事業案内

製品・展示会情報