菊地諒の声

技術力にはない充実感がここにある。 たくさんの人と関わっていくことで、自らも成長していける「営業」という仕事

工学部出身の私にとって、「商社」はまったく畑違いの業界でした。この業界への就職を決めるにあたり、私が一番優先させたかったのは「仕事をすることによって、自分がどうなっていきたいか」、「自分が何をしたいか」。大学では、「生体関連化学」という分野の研究に没頭し、ガン細胞と光増感剤の関係を研究していたのですが、その研究成果を自分の将来にどう活かしていくかについては、かなり長い間思い悩みました。これまでやってきた研究を活かせる職種となると、どうしても技術職になります。しかし、いろいろな産業や人との関わりを仕事に求めたかった私にとって、技術職は決して魅力的な職種ではありませんでした。「営業」として人と関わり、新たな産業の可能性を追求していく、「商社」のそういった面白さに惹かれ、自らの専攻とは異なる業種・業界への就職を決めました。

お客様に「信頼されている」と感じた時、 より一層、成長への意欲が湧いてくる

菊地諒 私の主な仕事は、お客様に「発電設備」を納入し、メンテナンス業務をご提案かつ実施することです。入社して2年半になりますが、いまでもお客様の知識に圧倒されてしまうことがありますね。「発電」を専門とするお客様ばかりなので、曖昧な返答をするわけにはいきません。不明点があればじっくり時間を掛けて、徹底的に調べてから回答するようにしています。「発電設備」に関する知識は会社に入ってからほぼ独学で習得しました。外出先では積極的に情報収集を行い、お客様の資料を何度も読み返し、分からないことがあれば先輩方に聞く、そうした日々の積み重ねで、何とかここまでやってくることができました。工学部出身ということもあり、タービンとかボイラーといった基本的な用語や仕組みは理解していましたので、文系出身の方よりはこの分野への抵抗は少なかったかもしれませんが、それでも、お客様に満足していただける提案や回答ができるようになってきたのは、ここ最近のこと。だからこそ、現場で何かあった時に自分あてにご連絡をいただけることが嬉しいですし、やりがいを感じます。

大切なのは「知識」だけではなく、
真摯な対応とお客様との「信頼関係」

未知の業界であったとはいえ、入社するにあたりすごく不安だったということは不思議とありませんでした。覚えるべきことはたくさんありましたが、必死で専門書を読み漁ったというわけでもなく、自分のペースで仕事と向き合うことができました。お客様からのご要望や課題に取り組んでいるうちに、必要な知識は少しずつ身に付いてきましたし、何よりこの仕事で大切なのは営業担当としての真摯な対応や「信頼」。知識を身に付けるだけではなく、一社会人として周囲の人から「信頼」されるよう、今後はもっと成長していきたいと思っています。また、「商社」というのはどこに可能性がころがっているか分からない業界ですので、「発電設備」の知識だけにとどまらず、多方面から広く浅く情報収集できるよう常にアンテナをはっています。既存のビジネスモデルにとらわれることなく、柔軟に事業展開できるのが「商社」の魅力。最近はアジア諸国での事業展開にも力を入れていますので、企業として、今後の成長が楽しみです。

ニッチな分野にチャレンジし、結果を出してきた会社

菊地諒既存のビジネスモデルにとらわれないという意味では、「商社」の営業は他の業界の営業とは少し違います。国内外に限らず、様々な産業に目を向け、可能性を探ることができるという点で、私にとって「商社」は魅力的な業界でした。もちろん、大学で学んだ工学関係の知識、生体関連化学の研究を活かす進路を考えなかったわけではないですが、いくつか企業をまわるうちに、自分が技術職への興味よりも、営業としていろいろな産業や人と関わることに惹かれていることに気がつきました。「商社」のなかでも、弊社は積極的に新たなビジネスモデルへ挑戦している会社であると感じましたし、ニッチな分野にも臆せず入り込んでいき、結果を出しているというのが印象的でした。私自身も、今後は世界各国の産業需要状況や革新技術を察知しながら、新たなビジネスモデルへの挑戦、新規事業開拓などに携わっていきたいと考えています。

その会社で何がしたいか、自分なりにイメージすることが大事

就職先を決める基準は人それぞれです。学生時代の専攻を活かすという選択もありますし、自分の興味を追求するのも一つですが、大切なのは「その会社で自分が何をしたいか」を考えることだと思います。入社する前にイメージするのは難しいかと思いますが、漠然とした気持ちで入社してくるのと、しっかりとした意志を持って入社してくるのでは、その後の成長が大きく異なります。弊社は、個々の意見にしっかり耳を傾けてくれる会社ですので、是非熱い意志を持っていらしてください。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

菊地諒 一日のスケジュール
電話番号

Copyright (c) SEIKA CORPORATION All Rights Reserved.