初音雄一の声

日本と欧州との橋渡し役を担い、各国様々な人と交流を深めていく

私は、自動車業界や飲料業界向け産業機械の販売を担当しており、欧州メーカーとの価格折衝、仕様確認、納期調整、不具合対応などを行っております。
また、日本側からの欧州メーカーに関する問合せ対応、日本側への欧州メーカーの紹介など多岐に渡ります。
欧州においては、国毎に商習慣が異なるため、日本の商習慣とのギャップを埋めるためには、相当な労力が必要となりますが、様々な国の人とビジネスを通じ親交を深めることができ、大変刺激的です。

多種多様な商材、幅広い業界との交流、社内の雰囲気に魅力を感じ入社を決意

就職活動を行う中で、多様な商材を取り扱うことが出来るという点に興味を持ちました。加えて、機械設備の出荷時には物流会社に出荷依頼をかけたり、銀行の方と打合せを行ったりと、幅広い業界の方々と情報交換をする機会もあり、色々なことを知る機会を得られる点にも大変魅力を感じました。
また、会社説明会や面談を通して、西華産業には、後輩思いの温かい先輩が多数おられると感じたこと、若いうちから大規模な工場向け機械設備等の商談を任してもらえる点も魅力的であった為、最終的に当社に入社することを決意しました。

欧州の商習慣の違いに苦労するが、困難を乗り越えた先にやりがいあり!

初音雄一明日にでも納品しなければならない緊急度の高い案件があり、少しでも納期を短縮させる必要があったため、北欧の製造業者の工場に訪問しました。製品完成日時が確定していなかったため、製品納期の短縮を依頼しながら、同工場近辺に数日滞在した経験があります。製品が完成した直後に工場よりピックアップ、納期短縮のため、フォワーダーの指定倉庫までハンドキャリーしました。日本では取引先に納期短縮をお願いした場合、柔軟に対応頂けるケースも多いですが、欧州においては、日本と比較し、融通が利かないことが多いと実感しております。言葉の壁もありますが、商習慣の違いもあり、これらを乗り越える難さも感じますが、その一方で困難を乗り越え、お客様に感謝頂けた時などは大変やりがいを感じます。

様々な経験を踏まえて、新たな商材の開拓にチャレンジしたい

機械販売が中心の当社ですが、商材になるものがあれば機械以外の製品も取り扱うことができるのが「西華産業」の良いところでもあります。日本で業務を行っていた時は機械設備だけではなく、食品関連の包材や工場向けの塗料などを販売した経験があります。その経験から、機械だけではなく色々なものに視野を広げることも大変面白いと感じました。
将来は、機械設備以外にも視野を広げ、取扱い商材の幅を拡大していきたいと考えています。

入社前後のギャップはどの会社でもあるもの。
強い思いを受け入れてくれる会社を選択すべし!

入社前に、仕事の詳細を知ることは難しいと思います。その為、入社後に自分の思っていた仕事と違う、こんな仕事がしたかったんじゃないと思うことはどの会社に入社しても少なからずあることです。
西華産業は、温かい方も多く、強い思いがあればそれを聞いてくれる会社だと感じており、「何かこれをやってみたい」という強い意思があれば、上司・先輩も支援してくれます。
今やりたいことが具体的に決まっていなくても、大きな仕事をしたい・海外で働きたいなど何か強い気持ちがあれば、是非一緒に働きましょう!

初音雄一 一日のスケジュール
電話番号

Copyright (c) SEIKA CORPORATION All Rights Reserved.