長期経営ビジョン「VIORB 2030」

地球環境と産業発展のために
わたしたちができることは

長期経営ビジョン「VIORB 2030」策定の目的

当社グループは、「地球環境と調和したサステナブルなエネルギー創出・産業活動を支援する」というパーパス(存在意義)を実践し、豊かな社会の実現に貢献するため、2030年に向けた長期経営ビジョン「VIORB2030」を策定致しました。

地球環境に寄り添いながら産業活動の更なる発展を援護する、それがアンビバレントでない形で実現されるよう、環境に好影響をもたらすまたは配慮した機能や性質を持つ設備・機器・製品の発掘と提供を柱に据えた取り組みを推進してまいります。

※VIORBとは…ラテン語のVio(生きる、活発な、鮮やかな)とOrbis(円、地球)を組み合わせた造語であり産業発展と地球環境との調和への取り組みを象徴する誓いの言葉です。

事業面での重点分野


経営面での主要施策

  • キャッシュマネジメントの仕組みの整備による資金余力の最大化
  • 100億円規模の事業投資による既存事業の深化と事業領域の拡張
  • SDGsに資する事業や活動を応援するための10億円のファンドを設定
  • 組織スリム化と生産性向上による重点分野への人的リソース投入
  • グループ各社毎の特性を踏まえた強みを明確にし経営資源を集中

成果を図るための指標

連結純利益到達目標

詳細はこちら