社長メッセージ

おかげさまで西華産業は75周年をむかえました

当社は、令和4年(2022年)10月1日を以て、会社設立75周年となりました。こうして会社の歴史に新たな1ページを加えることができたことは、ひとえに永年に亘るステークホルダー各位からのご支援・ご高配の賜物と考えており、あらためて御礼申し上げます。
振り返れば、当社の起源は、昭和21年(1946年)の財閥解体に伴う昭和22年(1947年)の旧三菱商事解散により誕生した約160社の一つであり、そのうち現在まで存続する上場企業は4社のみという事実を斟酌すれば、感嘆の念を抱かざるを得ず、創業者を始めとする諸先輩のご苦労とご努力にあらためて敬意を表したいと思います。
現在、当社においては、エネルギー事業分野での新たな商権の獲得に関わる交渉や連結業績面での利益寄与が見込まれる出資案件なども進展しており、永年に亘り地道に積み上げてきた現在の事業構造を礎としつつも、将来に向け業容の盤石化と会社の一層の発展に導く新たな曙光も見え始めております。
今年度は、創立75周年であるとともに第100期事業年度でもあり、当社にとっては記念すべきタームでありますが、事業環境の変化を考慮すれば、実質面も当社の歴史を画す分水嶺に在ると捉えており、私たち現在~近将来の経営者と従業員は、次の百年にも残る企業の原型を再構築する役割を負っている、との気概を持って日々業務に取り組んでまいります。
当社は「社業の発展を通じて社会に貢献する」を社是とし時代々々に適合した価値を社会に提供しつつ活動してまいりましたが、今後はさらに、眼下のニーズへ機敏に的確に対応するのはもとより、未来へ向けて、時代と社会が要請する新しい価値を創造し続けられるよう努めてまいります。
そうした意志のもと、創立75周年を迎える今年度に策定したのが、持続的な成長の軌道となる長期経営ビジョン『VIORB 2030』です。「~地球環境と産業発展のためにわたしたちができることは~」を合言葉に、サステナブルなエネルギー創出・産業活動を支援するべく能動的に「環境」に資する事業活動に傾注することで、自らの成長の実現にもつなげる、というこの戦略を確実に遂行してまいります。
これまで築き上げられた西華産業の歴史がこれからも末永く発展の途を辿ることを念願するとともに、その道程がサステナブルな社会および世界の実現に僅かでも貢献できることを誓願し、あいさつの結びとさせていただきます。
皆様より引き続きご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役 社長執行役員