西華産業株式会社 > 会社情報 > 長期経営ビジョンおよび中期経営計画

長期経営ビジョンおよび中期経営計画

当社は2027年に向けた長期経営ビジョン「10年後の西華産業グループ像」および2017年4月開始の新たな3カ年計画であります「中期経営計画CS2020」を策定いたしましたので、お知らせいたします。

長期経営ビジョン「10年後の西華産業グループ像」策定の目的

当社は社是である「社業の発展を通じ社会に貢献する」ことを信条として、ステークホルダーの皆さまにとって価値ある企業であり続ける
ことに努めております。
2017年は当社設立70周年を迎える節目の年であり、長期的な視点に立って当社グループの進むべき方向性を明確にし、グループ社員一丸となり大きな変革を目指していく為に、従来3年おきに策定しておりました中期経営計画に加えて、長期経営ビジョンとして「10年後の西華産業グループ像」を策定いたしました。

「10年後の西華産業グループ像」の概要

10年後の西華産業グループ像

事業環境の変化に適応し、強固な経営基盤を有したグローバルな企業グループとなっている。また、グループ社員は開拓精神に燃え、各々の会社で働き甲斐を感じ、活力に溢れて一人一人が成長を実感している。

長期経営方針

1)ビジネスモデルの変革と進化を進め、さらにグループの収益力を向上させる。
2)時代の変化に対応し、新規事業を創り出せる人材並びに、国内外で活躍できる人材の発掘と育成を行うと共に、経営資源を
 最適投入する。
3)社員にとって働きがいがあり魅力溢れる職場環境を作り、生産性を向上させる。

中期経営計画CS2020の概要

「10年後の西華産業グループ像」を見据え、2017年4月から2020年3月までを第1ステップと位置付けて、中期経営計画CS2020を
実行して参ります。

基本方針

「変革と進化」
前中期経営計画CS2017の基本方針でありました「事業領域の多様化」は当社グループにとって重要な経営課題でありますが、
これを進めていくためにはビジネスモデルの変革と従来ビジネスの進化が必要不可欠であり、中期経営計画CS2020の基本方針を
「変革と進化」といたしました。

全体戦略

1)新たなビジネスモデルの構築
 「事業領域の多様化」を引き続き推進していくため、人材・資本を成長分野へ積極的に投入する。
2)従来ビジネスの進化
 新たな発想と客観的な視野を持ち、従来ビジネスを盤石な事業に進化させる。
3)グループ経営・グローバル戦略の加速
 グループ間の連携強化と現地化を推進し、グローバル展開の加速を図ると共に、効率的なグループ経営を目指す。
4)人材育成および職場環境の充実
 変革と進化に対応し、国内外で活躍できる人材を育成すると共に、社員が生き生きと働ける魅力溢れる職場環境の充実を図る。

経営数値目標

  2018年3月期
目標
2019年3月期
目標
2020年3月期
目標
連結当期純利益 22億円 24億円 27億円

会社情報